ご挨拶

 

中小企業診断士 木村成

 

木村 成(きむら じょう)
1993年生まれ、東京都出身

 

【保有資格等】
・中小企業診断士
・行政書士
・認定経営コンサルタント
 (公益財団法人 日本生産性本部認定)
・日商簿記1級

 

 

私は、同業界では珍しい「元高校教員の中小企業診断士・行政書士」です。教育業界をはじめとして、サービス業や製造業など様々な分野のサポートに日々励んでおります。ここで簡単ながら、私が経営コンサルタントとして活動するに至った背景と、信念をご説明いたします。

 

 

学校現場の仕事となると、授業や生徒対応のイメージが強いのではないでしょうか。実際に、授業や生徒対応は一日の業務の中でも大きな部分を占めています。
一方で、それ同じかそれ以上に業務としてのウェイトが大きいのが「分掌事務処理」です。分掌とは、一般企業の部署に当たります。教員は授業や生徒対応を行う傍らで、常にこのような事務処理業務を行っているのです。

 

そしてこの事務処理業務は、現場の業務効率が非常に低い事でも知られています。昨今、教員の残業時間が大きな問題となっていますが、この原因の1つがこの分掌事務処理業務です。
この業務の効率性がなぜ上がらないかといえば、現場の教員は業務改善のやり方を知らないからに他なりません。当然、私もその1人でした。教員になるための試験や教員になってからの研修では、授業のやり方などは学ぶことができても、業務のこなし方自体を学ぶことはできません。

 

そこで、学校現場の専門性とは全く別の、経営面の専門的知識を勉強しようと思ったのが、経営コンサルタントを目指したきっかけです。
このような志を持つに至った理由は、業務改善だけではありません。

 

・自校に受験する生徒を増やすにあたり、専門的マーケティングの知識が必要だと感じだ事

・教員のモチベーション向上に向けた適切な管理職マネジメント方法を学びたいと思った事

 

このように、学校改善のために専門的知識が必要だと強く感じ、経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士の勉強を始め、取得に至りました。

 

 

このような背景から、特に学校・教育業界に強い中小企業診断士・行政書士としての新たな一歩を踏み出す決意をいたしました。私立・公立学校のみならず、専門学校や塾、教育業界全般へのコンサルティングに関して大きな使命感とやりがいを持っております。また、きっかけこそ学校に関するものではありますが、中小企業診断士としての専門性は当然ながら業界を問わず活用することができます。そのため、経営コンサルタントとしての活動の幅は教育業界に留まりません。経営診断・実行支援のプロフェッショナルである中小企業診断士として、小売業や飲食サービス業、製造業をはじめ様々な業界の経営支援を行って参りました。また、経営コンサルティングというのは単一的視点からのみでは成しえることができません。時には、契約書の作成や内容証明といった法律知識、また法人化や営業許可申請といった手続きなどが必要となることもしばしばあります。このようなご相談や申請手続きの代行にも対応するべく、行政書士としても活動しております。
どのような業界・会社であっても、経営者の方のお役に立ちたい、社員の方に喜んでもらいたい、そして何より事業を支え成長させていきたいという軸、想いは変わりません。

 

以上が、私が中小企業診断士・行政書士として活動する理由、信念です。
これからも誠心誠意、経営者・社員・事業の役に立ちたいと、そして成長の一助になりたいと考えております。木村成コンサルティング事務所を、どうぞよろしくお願いいたします。

トップへ戻る