製造業へのコンサルティングについて


[分析・改善の概要]

日本企業の生産性は世界的に見ても課題が多くあり、生産現場では業務改善・生産性向上が叫ばれています。製造業の企業へのコンサルティングでは、総合的な分析・具体的改善策立案を通し、企業・組織の生産性向上を支援します。


ワークサンプリング分析

 

総括工程分析
これらは、「ワークサンプリング分析」「総括工程分析」といわれる分析手法です。工場全体のどの工程がネック工程であるかということを調査した上で、工程内のどの作業において生産性の課題が見受けられるかということを分析します。

ワークサンプリング分析の結果 動作経済の法則と歩行のムダの削減
先程の分析結果を見える化し、工場が抱える課題を抽出します。そして、具体的にどのようにして改善していくべきか、作業の改善や工程の改善といった観点から提案いたします。

これらの分析は生産現場の分析改善の一例ですが、現場と本部機能の連携業務の改善など、会社全体の生産性向上を目指しコンサルティングを実施いたします。



[具体的改善提案の例]

・総括工程分析によるネック工程洗い出しと改善

・手待ちや歩行のムダ削減による生産性向上

・機能展開分析による工員の多能工化

・非現場職員の業務効率化提案

 

 

[こんな悩みがある企業・組織におすすめです]

・仕掛品の滞留が多くみられるが、どのように減らすべきか困っている

・ネック工程の業務改善がなかなか進まない

・工員1人1人を観察、教育する時間があまり持てていない

・生産現場だけでなく、デスクワークの生産性も向上させたい

 

 

尚、これら分析はあくまでも一例であり、また実際のコンサルティングにおいてはスライドや分析資料も専門的・多量となりますので、ご質問等ありましたらお電話またはメールにてお問合せ下さい。

トップへ戻る