会社設立・法人化手続きの代行

当事務所では、これから事業を始められる方、または事業を拡大していきたいという方の会社設立・法人化の手続きの代行を行っています。

 

行政書士として電子定款の作成や公証役場とのやりとり、そして中小企業診断士として経営面での支援を行うことで、丁寧な法人化と円滑な事業開始のお手伝いをいたします。

 

 

会社設立の流れ

 

会社設立・法人化の流れは大きく以下の通りです。

 

会社設立・法人化の流れ

会社設立・法人化

 

@基礎事項の決定と調査

A定款の作成と認証

B資本金の払い込み

C設立登記申請

D設立完了

 

このような流れとなります。依頼者様の書類準備や時期などにもよりますが、ご依頼からおよそ1か月ほどで設立が完了します。
では、それぞれの項目について簡単に説明いたします。

 

 

@基礎事項の決定と調査

ご依頼を頂いた後、まずはミーティングを行います。このミーティングで、会社として決めなければならない事項や現状について伺い、会社設立における基礎事項を決定いたします。

 

また、依頼者様としても会社設立に様々な疑問をお持ちの事かと思います。

 

【基礎事項の決定と調査】

・事業年度はどのように決めるべきか

・資本金はいくらにするべきか

・役員報酬はどのように決めるべきか

・そもそも法人化すべきか

・法人化した後、どのように事業を進めていくべきか

 

このような疑問も、率直にぶつけて頂ければと思います。当方は行政書士として会社設立や許認可申請など手続きの専門家であると共に、中小企業診断士として企業経営の専門家でもあります。
手続面、経営面という多面的な観点から依頼者様にとって最善の会社設立のサポートを行います。

 

 

A定款の作成と認証

定款とは、会社の根本規則をまとめた文書のことです。
会社の目的や商号、機関設計などについて示されています。会社設立を行うにあたって、定款の作成と公証役場での認証が必要となります。

 

以前は定款は紙媒体での作成しかできませんでしたが、現在は電子定款としてデータでの作成をすることができます。電子定款を作成することによって従来紙媒体でかかっていた収入印紙代の4万円がかからなくなる一方、電子署名という手続きを踏む必要があります。電子署名はPDF編集ソフトやカードリーダーなどを使う作業となりますので、当方専門家にお任せ下さい。

 

また、公証役場との事前協議を含め、定款の作成から認証を得るまでの手続き全てを当事務所がお受けいたします。

 

 

B資本金の払い込み

資本金とは、会社の元手となる財産の事です。

 

会社法改正により資本金1円からでも会社設立が行えるようになりましたが、信用力の観点などからある程度の金額を準備することが望ましいといえます。
依頼者様の資金力や事業構想などを伺い、資本金額についても丁寧なアドバイスを行います。

 

 

C設立登記申請

ここまでの手順が終われば、あとは登記申請を行うのみです。登記申請は法務局の窓口で直接行ったり、郵送で提出することができます。書類の準備が終わっていれば、提出するだけで登記申請完了となります。

 

登記申請については、ご依頼者の方に行っていただく運びとなります。もちろん、定款を含めここまで作成した書類の準備や登記に関する流れの説明などは当方でしっかりと行いますので、ご安心して頂ければと思います。

 

 

D設立完了

登記申請が完了してからおよそ1週間ほどで、会社設立が完了いたします。

 

会社設立は手続きとして見ればおよそ1か月で終わるものですが、当然ながら会社の事業はその後も継続します。また、定款の内容変更などはそのつど手続きが必要となってしまうため、はじめの段階から入念な準備・設計が重要となります。

 

このように、会社は作れればよいというものではありません。
手続面・経営面という両面から最適な支援を行っておりますので、会社設立はぜひ専門家にお任せ下さい。

 

 

会社設立・法人化の手続きは行政書士にお任せ下さい。

 

会社設立・法人化の手続きを当事務所にご依頼いただくメリットは、以下の3点です。

 

当事務所に会社設立の手続きを依頼する3つのメリット

会社設立・法人化

 

@会社設立手続きの専門家である「行政書士」として 、設立手続きの確実な遂行をすることができること

 

A会社として決めるべき事項や必要書類などを的確にお伝えできるため、個人で申請手続きと比べより短期間での会社設立が見込めること

 

B経営コンサルタントの国家資格である「中小企業診断士」を保有するため、手続面に加え経営面でのご相談にもしっかりと対応することができること

 

 

この3点が、当事務所に会社設立・法人化手続きを依頼するメリットとなります。
@Aについては、行政書士としての専門性を活かし正確かつスピーディな会社設立を行うというものです。

 

Bについては、当事務所が他の設立業者等と大きく異なる点です。当方は「中小企業診断士」という経営コンサルタントの国家資格を保有しており、手続きだけでなく経営コンサルティングについても日々業務として行っております。例えば、売上向上や販路拡大、生産性向上、融資の支援、経営計画策定など、コンサルティングを行う分野は多岐にわたります。しかし、全てに共通することは「企業や店舗の経営を支援し、業績を向上されること」です。

 

これから会社を設立される方の中には、上手く経営ができるのか心配な方もいらっしゃるかと思います。実際に、会社化したとしてもその後の収益が悪ければ即廃業という可能性もあります。

 

当方は、行政書士という開業手続きの専門家として、そして中小企業診断士という企業経営の専門家として、ご依頼者の方の会社設立・業績向上を支援致します。
どうぞ、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

 

会社設立の料金

会社設立・法人化手続きでは、1法人当たり17万円の料金を頂いております。

 

このほかに実際に依頼者様が負担する額としては、公証役場へ支払う手数料や資本金額などが必要となります。もちろん、当事務所への報酬費用や役場への支払手数料は「創立費」として経費処理(繰延資産)することができますので、このような会計面の疑問もご不安がありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

ご相談やご依頼・ご質問は、メールまたはお電話でお問い合わせください。お待ちしております。

トップへ戻る